1)

虫歯
歯槽膿漏
歯牙破折
脱臼

2)

親知らず

 

歯の名称

 

HOMEへ戻ります。

 

  こんな時は抜歯をします−1

    虫歯(C4


 

 虫歯で歯の頭がなくなり、根も虫歯の場合は抜歯します。

 左のレントゲン写真を見ると、矢印の歯が虫歯で 
 黒く写っています。これは、歯に空洞ができている 
 のです。残っているも虫歯で痛みがありました。
 このように、削っていくと 無くなってしまうような
 治療しても残せない虫歯は抜歯をします。

 
 

   
    歯槽膿漏
 

歯槽膿漏で、歯を支える歯槽骨がなくなってぐらついた歯(左)

 

 左のレントゲン写真を見ると、左の歯の根の周りが
 黒くなっています。これは、歯槽膿漏で 歯を支える
 歯槽骨がなくなっているためです。
 歯槽骨がなくなると、歯のぐらつきが大きく 痛くて
 噛めなくなってきます。そのような場合は、歯を抜き
 ます。歯槽膿漏の歯を抜くという事は、右側の歯の
 歯槽骨が 減って行くのを防ぐ効果もあるのです。

 
 

 

  

 

    歯牙破折・脱臼


 

 歯が割れているので、歯を抜きます。
  

 左のレントゲン写真を見ると、歯の根が割れて
 います。このように、歯や 歯の根が割れて治療
 しても残せない時は、歯を抜きます。
 また、転んだり 事故などで顔面を強打して、歯を
 強く打った場合、歯が折れたり脱臼してぐらぐらに
 なる事もあります。治療経過をみて、どうしても
 残せない時は、歯を抜くことになるでしょう。

 
 

   

NEXT