1)

虫歯
歯槽膿漏
歯牙破折
脱臼

2)

親知らず

 

歯の名称

 

HOMEへ戻ります。

 

  こんな時は抜歯をします−2

    親知らず


 


生え出て来ない親知らず
生え出て来ない
親知らず

 顎が狭くなってきている為、親知らずまできれいに
 生えている人は、近年 少なくなっています。きれい
 に生えて 歯磨きができ、噛み合わせに問題がなく
 顎関節を痛めないような場合は、親知らずであっ
 ても抜きません。また、化膿していなくて、生え出て
 来ない親知らずも 抜かない場合が多いでしょう。
 また、ブリッジや 入れ歯のバネをかけるために
 必要な親知らずも 残しておきます。

 では、どういう時に 抜くのでしょう?
 (1) 腫れたり痛みがある時。
      腫れている時は、麻酔が効きづらいので
      痛み止めや化膿止めの薬を服用して頂い
      て、状態を安定させてから抜きます。 
 
 (2) まっすぐ生えず、歯磨きが出来ない為に
    虫歯になった時。

      歯ブラシが届かず、治療しても 明らかに
      メンテナンスが無理な状態にある親知らず
      は抜歯します。そして、手前の7番(第2大
      臼歯)を磨きやすくして虫歯や歯槽膿漏の
      防止に努めます。

 (3) 狭いスペースに生え出てきた親知らずの為に
    前歯が押されて歯並びにがたつきがある時。

      放っておくと、年を追う事に ますます歯並
      びが悪くなります。(最悪 前歯が重なってしまう
       事も。)
そういう時は、早目に抜歯する事を
      お勧めします。

 (4) 噛み合わせに悪影響を与えるところに生えて
    いる時。

      下の顎を前後左右に動かした時、顎関節
      を痛めるような位置に生えていたり、斜め
      に生えて上下噛みあっていない時は、抜歯
      する事をお勧めします。

 

 

親知らず
(上)生え出てきた
親知らず
(下)一部出てきた
親知らず
  

真横に生えた
  親知らずを抜く方法

タービン

真横に生えた親知らずは、分割して抜くと後の治りが良いのです。


骨を削って そのままの形で親知らずを抜くよりも、親知らずを分割して歯を抜く方が 抜歯後の痛みや治りが良いので 当院では分割抜歯を行っています。タービンで(1)を削り左を取り、(2)を削って真ん中を取り、右の根の部分を抜き出します。

 

   

BACK