1)

入れ歯の種類

2)

身体に合った入れ歯

3)

入れ歯を作ったら

 

歯の名称

 

筋反射テスト

 

HOMEへ戻ります。

 

  入れ歯の種類

 保険の入れ歯

保険診療の義歯

人工歯

人工歯

保険の義歯(入れ歯)は、レジンというプラスチック製の材質で作られています。人工歯は、“レジン歯”と“陶歯”がありますが、一般的に“レジン歯”(右上の写真)が多く使われます。大きさはいろいろありますが、噛み合わせの形は一定です。出来上がったものは、既製品の“噛み合わせ”という事になります。レジン歯は、軟らかい素材の為 噛んでいくと、咬耗しやすい傾向があります。
                      咬耗:噛むことによって歯がすり減る事)

 保険外の入れ歯 -自由診療-
上顎の金属床 下顎の義歯 コーヌス
金属床(自由診療) 咬合面・メタルアップ
(自由診療)
コーヌス(自由診療)


金属床のフレームの設計(グリッドを書いて)
グリッド線を書いてチェック

保険外(自由診療)の義歯(入れ歯)は、金属その人の『噛み合わせ』を作る事ができ、身体のズレを防ぎ 奥歯でしっかりものを噛めるようになります。

金属フレームの外形や、どの歯にバネをかけるかなど、『筋反射テスト』を使ってその人の身体に最適な形態を選択し、作製します。また、『筋反射テスト』を使った噛み合わせの調整も行ないますので、より噛みやすい義歯(入れ歯)になります。

金属床のフレームの外形
金属床のフレームの設計

NEXT

 

HOMEへ戻ります。