1)

入れ歯の種類

2)

身体に合った入れ歯

3)

入れ歯を作ったら

 

歯の名称

 

筋反射テスト

 

HOMEへ戻ります。

 

  身体に合った入れ歯


義歯(入れ歯)は、

食べる
のに必要なだけではなくを適切な位置に保ち、

身体のズレを防ぐために必要な道具だと 考えています。


身体に合っていない義歯(入れ歯)は、
身体のズレを引き起こし 病気を作るもとになる場合が時々ありますが、
身体に合った義歯(入れ歯)は、
スプリント的役目も果たし(顎関節症を参照)
肩・腰・膝の痛みが軽くなるとか 呼吸が楽になるとか
何となく力が出せるようになった…など
体調が良くなって行くようです。
   


義歯(入れ歯)なし
【義歯なし】

義歯(入れ歯)
入れていない時の
口元。


いつもの義歯(入れ歯)で
【いつもの義歯で】

長年使っている義歯
(入れ歯)
を入れた口元。
      

    
鼻下から上唇までの
膨らみが少し出た
感じはある。


新作の義歯(入れ歯)で
【新作 義歯で】

身体に合った噛み合わ
せに調整した (筋反射テ
ストで確認
新・義歯(入れ
歯)
を入れた口元。

鼻下から上唇までの膨ら
みが出て しわが減った。
唇の厚みが戻り、咀嚼筋
の辺りに 張りが出た感じ
がある。
  

 

 身体に合った義歯(入れ歯)を入れると・・・

上の写真のように、口元や顔全体の感じが良くなります。
そればかりか、姿勢が良くなって “力”のロスが減り 身体全体がしっかりとしてきます。それは、頭蓋と脊椎・骨格のバランスが筋肉の力のおかげで 整っていくからです。

※義歯(入れ歯)の噛み合わせは、 【 噛み合わせ 】の ●欠損の場合… を参照 !!
    

BACK           NEXT

 

HOMEへ戻ります。