HOMEへ戻ります。

  顎関節症の主な原因
(1) 歯によるもの

片噛みによる顎の変位、補綴物(詰め物や義歯)の不適合、歯科での咬合調整の不適、抜歯を必要とする歯牙(親知らずなど)の抜歯時期の不適、歯並びが悪い、噛み合わせが悪い、歯槽膿漏による歯牙のぐらつき、欠損歯の放置、先天性欠損、インプラントの咬合不適、(顎を切るなどの) 美容整形による咬合不適 など

(2)身体によるもの

筋肉の異常緊張 (スポーツや日常の身体の使い方によるもの)、事故やケガ、骨折、骨格のズレ、骨格・筋肉の歪み、 疲れ、内臓疾患、痛みをかばっての歪み、手術などで身体の一部を摘出した場合の筋肉バランスの不良、身体が出来る時の形成不全、身体を歪ませるクセ(頬づえをつくなど、職場の外的環境による疲労(エアコン・パソコン業務など含む)、寝具・衣類や靴との不調和から来る身体の歪み、発声練習などで異常に口を大きく開けたり側方運動させたりして下顎骨の限界位を超えてしまった場合 など

(3)感情ストレスによるもの
心理的ストレス、ストレスによるくいしばり・顎の後方への変位 など

主な原因

顎に無理な力がかかるのは、上記の原因が考えられます。その原因で、自覚症状がなくても“身体”と“顎関節”の異常は進みます。
そして、許容範囲を超えると 自覚症状として現れます。

自覚症状として…
顎の痛み・顎の音がする・開口障害・(唾液が出にくい・舌痛症などの)口腔障害
口角障害・頭痛・腰痛・肩こり・首こり・背中の痛み・目まい・視覚障害・喘息
発熱・微熱・貧血・耳鳴り・難聴・手足のしびれ・肘膝の痛み・歩行困難
内臓疾患・膀胱炎・腎盂炎・頻尿・下痢・便秘・生理不順・不妊症・湿疹
躁鬱病・自律神経失調症・呼吸不全  など
     

※ 精神障害以外で、『検査しても異常なし』 でも、身体の具合が悪いと言う方は、
顎関節症の可能性があります。

BACK          NEXT

 
 

あなたの原因は、a〜gのどの区分に入るでしょうか?
  a.歯が原因
  b.身体から
  c.感情から
  d.歯と身体から
  e.歯と感情から
  f.身体と感情から
  g.3つとも原因


正確に判ると、無理・無駄な治療を避け、適切な治療法が見つかります。チェックは、筋反射テストで !!