HOMEへ戻ります。
  顎関節症の臨床例 -1-

主訴  左下の奥歯がしみる。
     (この患者さんは、歯の他に 整形外科にも通院されていました。
      「整形を数件回ったが 腰痛がひどく 改善が見られない」との事。)

  低位咬合

(1)

初診時の模型
初診時の模型
初診時の模型
(2)
治療終了時の模型
治療終了時の模型
治療完了時の模型

写真をクリックすると大きな写真画像が出ます。

(1)は、初診時の模型です。左下の奥歯がしみるという主訴で来院され
  ました。10何年も歯の治療を行った事がありません。噛む力が強く 
  全体に渡って咬耗(噛んで摩り減った状態)がみられました。
  歯の他に気になる身体の症状をお聞きすると、腰痛がひどく 数件
  整形外科を回ったが なかなか痛みが取れない状態にあると言われ
  ました。

  筋反射テストでリーディングしたところ、腰痛も咬耗による低位咬合が
  原因の1つである事が分り、すぐに治療を開始しました。

  治療する順番と咬合は、筋反射テストで聞きながら治して行きました。
  先ず初めは、主訴の左下7番ではなく、左下4・5・6番からでした。
  左下の5番が欠損で、4番が後方に 6番が前方に傾斜していた為、
  4番を大きく作って隙間を詰められていました。筋反射テストで、ブリッ
  ジの形にするのがベストと分ったのでブリッジにし、それから左下7番
  の治療に移りました。
  以降、右下の臼歯、上顎の臼歯、それから前歯部へと進んで行きまし
  た。また、筋反射テストによって出てきた事なのですが、咬合が非常に
  不安定な為 型取りから被せるまでの期間も身体の限界期間内に装
  着する
ようにしました。左下7番もしみる事無く そして、治療終了に。

  治療後、噛み合わせから来る腰痛はかなり改善され、腰に痛み止め
  の注射をする事はなくなったそうです。

BACK         NEXT